ダイエットの大敵!代謝の悪さと冷え性を改善する【食事編】

太もも痩せ ふくらはぎ痩せ 足やせのダイエット方法

スポンサードリンク

プロフィール

キーワード

管理人:いっぺい

西洋医学・東洋医学を網羅し、年間で数百人の方に病気・健康・美容についてアドバイスをしています。あなたに合った正しいダイエット方法が見つかれば幸いです。

Sponsored Link

ダイエットの大敵!代謝の悪さと冷え性を改善する【食事編】

太ももやせのダイエットや、
足痩せのエクササイズから話はそれますが、

今回は、ダイエットの食事法やエクササイズを効果的に行うための、
代謝や冷え性を改善する【食事編】です。


ではまず「なにを食べるか?」ですが、
バランスが大切なのは言うまでもありませんが、
食べ物・飲み物は大きく分けて、
〔陽性食品〕
〔陰性食品〕
〔中性食品〕
の3つに分けることが出来ます。


簡単に言うと、
陽性は体を温めてくれて、
陰性は体を冷やす効果があり、
中性はどちらでもないというものです。


東洋医学ではよく言われることですが、
“身土不二”といって、
その土地で、その季節に取れるものが
一番体に良いと言われています。

というのも、
暖かい国(地域)で食されるものは体を冷やすものが多く、
寒い国(地域)で食されるものは体を温めるものが多いいのです。


例えば、
『野菜摂らなきゃっ!』と言って、
葉っぱの野菜を頑張って摂っている
女性が多いように思いますが、

基本的に葉野菜(キャベツ・レタスなど)は
体を冷やすものが多いです。


もちろん、
それぞれ体に良い栄養素など含まれてはいるのですが、
頑張って摂るなら根野菜です。

ニンジン・ゴボウ・レンコン・サトイモなどなど・・・。


そして大事なのは、
よく噛んで食べることです。

噛むことによって、あご(えらの辺り)のツボが刺激されて、
胃とすい臓の働きが活発になり消化吸収が良くなります。


飲み物で言うと、
コーヒーや緑茶・清涼飲料水の多くが体を冷やします。
ホットで飲んでも同じなんですよ。

体を温める効果があるのは、
紅茶・番茶・プーアル茶などの発酵したものです。


ちなみに、おすすめは『生姜紅茶』です!
紅茶の中に生姜を入れるのですが、チューブの生姜でも大丈夫です。
甘くするなら、ハチミツか黒砂糖を入れます。
すごく体が温まりますので、毎日飲めば代謝アップにつながりますよ。
Sponsored Link

検索

スポンサードリンク

サブコンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。